2005年04月29日

ホント o(゚Д゚)っ モムーリ!

ちょっと説明不足でした。


あの「なめて」というメールのあとに、「うちの猫マジいらん?」
というメールが来たんです。年下クンは猫を飼っているのです。
猫がいるのが邪魔かのように聞こえて私は

「生き物なんだから要らないみたいな言い方は良くないよ
 大切にしなきゃダメだよ」
って返事したんです。

その後はふてくされたのか、返事がありませんでした。


それから家に帰ってパソコンをつけると、
架空の女の子Yちゃんに年下クンからメールが来てたんです。

以前にも書きましたが、私と年下クンが出会ったサイトに
架空の女の子を作って、サイト内で年下クンとやり取りを
していました。かれこれもう10ヶ月も。

もちろん年下クンはその女の子が私だとは気付いていません。


少し前に、恋愛の話しをしていて、架空の女の子Yちゃんが
彼女持ちの人を好きになったけど、もうすぐ彼は結婚してしまうから
諦めないといけないという話しを年下クンにしていました。
(もちろん作り話し)

それで、想いを伝えてふっきったというメールを年下クンに
送っていました。

そのメールに対する年下クンのお返事が来て、


「想いを伝えたんだね。少しはすっきりした?ちゃんと次に
 進めるようにがんばってね。


 ついにオレにも大切な人ができたよ〜」



という内容だったのです。

大切な人、というのは言い方がすごく曖昧で、
これは好きな人ができた事と一概には言えないのですが、
恋愛の話しをしていて、その流れで「大切な人ができた」
というのは、やっぱり好きな人ができたと思わざるを得ません。

なので、絶望だったんです。

だから私が遊びに誘った時、普通の遊びはできないって
言ったんだなって思いました。

あれからすぐ先生に相談しました。
年下クンに好きな人ができてしまったのか?と。


「大切な人・・・それがもし好きな人ができた、のであれば
 彼からピンク色の気の流れが特定の方に傾いてるのが見える
 はずなのですが、それが見えません。大切な人ができた=
 好きな人ができたとは考えにくいです。

 あなたに対する彼の気持ちは以前と変わらず、
 お気に入りの友達だと見えます。」



本当に・・・そうならいいんだけど・・・。
じゃあどうして年下クンは架空の女の子Yちゃんに
そう言ったんだろう???

もしかして、Yちゃんは実は私だと気付いてる?!


「いえ、彼は全く気付いていません。あなたはあなた、
 架空の女の子の事は一人の女の子だと認識しています。」



じゃあ・・大切な人って何???


「私から見て、急に好きな人ができた、音楽のパートナーが
 できた、理解者ができた、そんな人が現れた感じは
 見受けられません。」



ますますワカラン!o(゚Д゚)っ

ひとまずYちゃんから年下クンへ、

「大切な人ができたの?彼女ができたんだ?!良かったね!
 それでしばらくサイトに来てなかったの?」


とお返事しました。
それに対するメールはまだ来ていません。

この大切な人って一体何なのか、わかった時に
私がショックを受けない事を祈ります。。。


架空の女の子Yちゃんから年下クンにメールしたあと、
今度は私が年下くんに

「お土産も渡したいし、明日遊ぼうよ!」

とメールしたのですが、YESもNOも返事がなく、
無視されたままでした。

今日も年下クンにメールを送ったのですが、

「今度猫ちゃんと遊びたいな!」

と。やっぱり返事がありません。


返事がないのが一番つらいですね。
YESかNOか、返事すらもらえないってのは。。。

電話しても切られてしまって、その後にメールで
「何?」って来るし・・・。


先生は、年下クンにとって私はお気に入りの友達と言うけど、
本当なのか?と考えちゃいます。。。
posted by 実花 at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。