2005年05月22日

大ちゃんの死を霊視


友達がよく行っているところの占い師さんに
前回書いた大ちゃんの死因を霊視してもらいました。

先生に大ちゃんの本名と年齢を言うと・・・



「アルコールとドラッグを服用したようですね。」



(゜゜;)エエッ




「彼はそのせいで幻覚を見て、窓から落ちてしまったようです。」




私は家に電話し、さっそく母にその事を伝えると、

「・・・・そう。さっき大ちゃんのお母さんから聞いたけど
 アルコールは飲んでたのは確かみたい。麻薬はどうか
 分からないけど・・・。」




あぁ、すごい!先生の霊視は当たってた!



「会社の人とお酒を飲んで一人ホテルに帰って・・・
 その後にホテルから落ちたみたい。でも麻薬をする
 ような悪い子のはずはないんだけどねぇ。。
 検死はしていないから何とも言えないけど。」




麻薬と言っても、合法ドラッグとか色々あるみたいだし、
なきにしもあらず、というところ。



5階から落ちた大ちゃんは、頭蓋骨が粉々になるほど頭を
強打したのですが、心臓は止まらなかったのだそう。

脳死状態が1週間続き、その後に息を引き取ったそうでした。



鑑定中に先生の体調がすごく悪くなったのです。
先生曰く、大ちゃんは遺族に伝えたいことがあるみたい。
でも、私を通じて大ちゃんを見ているため、それが
はっきりとは分からないようで、Iちゃんが先生に
直接鑑定を受ければ分かるそうでした。


今度Iちゃんを連れて行こうかと思います。
posted by 実花 at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
知り合いの死は、何度であっても嫌な物ですね
ご冥福をお祈りします
Posted by kato at 2005年05月23日 12:07
katoさん有難うございます。
大ちゃんが成仏するように祈るばかりです。
Posted by 実花 at 2005年05月24日 11:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。